2013年09月13日

自然出産 ナチュラルバース

ナチュラルバース
本来の産む力を高めてお産をする。

妊婦殺到!
究極の自然出産

自然出産?

自然出産専門の医院

〒444-0834
愛知県岡崎市柱町字東荒子123番地
TEL (0564)51−1895 FAX (0564)51−6980

木造建築の古風な建物

吉村医院「お産の家」
裏庭では、お腹の大きな妊婦が薪割り

古民家の中では多くの妊婦がスクワットをしながら戸板を磨いている。

自らが割った薪で釜戸でご飯まで炊いている。
ninpu.png

「運動して筋肉を鍛えたり、産道をとおりやすくする」

「自宅で産んでいるような、緊張もなく産める」

吉村 正 医院長
産婦人科医 50年
2万例の出産に立ち会ってきた。


人間のお産だけが辛いのはなぜか?
生活の変化にある。
江戸時代は皆つるつる楽に出産したらしい。
昭和初期も楽に出産していた。

安産のためには、昔の生活をすればいい。

帝王切開もほとんどないし、吸引分娩もやりません。
薬で陣痛を起こすことも必要ありません。

人間にはもともとつるんつるんにお産する力があるのですか?

動物は難産でコロコロ死んでいるってことはないじゃないですか。

現在、通常の病院の帝王切開率は20%を超える

吉村医院での帝王切開率の割合は2.1%(2009年)
自分の力だけで自然出産をしたいという妊婦が集まる。

普通の病院だと問診は5分程度で終わるが、
吉村医院の問診は1時間くらいじっくり。
ninpu3.png
1日2〜3時間は歩く スクワットしなさい。
体の機能が全部落ちちゃっているから
お産は体の生命力で産むんですから、生命力を上げないとダメ
食べ物は和食、太っちゃダメ。
8キロぐらいは太るんだけどそれ以上は太らないように。


●毎日の運動量
●3食のメニュー
●体重の増減

お産を困難にする原因
パクパク ゴロゴロ ビクビク
パクパク→食べ過ぎ
ゴロゴロ→運動不足
ビクビク→過度の不安

生活の状態、心の状態、食べ物の状態
それが一番人間の根本を成す

吉村医院では妊娠による体重の増加を8キロと指導

そのため和風の食事を推奨
米・味噌汁・おひたし・煮物・大豆製品・海藻類

古民家ではかまどで食事をつくり
その日集まった妊婦全員で囲炉裏を囲んで食べる。


両親学級
普通、出産に関する心構えを助産師が教える授業だが、
ここでは、院長が中心に車座となり
妊婦が自己紹介しその時の自分の思いを告白する

自然出産を行う女性が悩みを告白し全員で励まし合う。


吉村医院では、太ると出産を妨げるので
夕食を食べない日があってもいいと指導


子供を産んだらね、赤ちゃんがかわいくて
人を愛するってことはとても幸せなことです。

子が親を想う時 親が子を想う時
一番幸せなんですよ

それ以上苦労しますよ 苦痛ですよ
でも心は本当に喜んでるんですよ

だから人を愛するという事は最高の喜びなんですよ
posted by 福婚 at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。